秘密の金魚 の 本編を読んでみ... >>

大雑把じゃないとダメだって言う潔癖症候群なんです。

私は、誤字脱字が多いので、他人から
指摘されて
びっくりします。なんで?誤字、ダメなの? って逆ギレしてしまうの 事も少なくないのですが、多分、何事も、本当に、イヤで、イヤなのに
書いてるから、それは
必死で書いてる と
言う事になり、必死で書いたものが、なんだこれは!、間違えだらけじゃないか!って
怒られる頃には、疲労困憊してて、自分を慰めてあげるには、キレる事くらいしか思いつかない、私の創造力の欠如なんだと思います。実際、キレるのは勇気が要るし、思い切って
キレると、「やった、頑張ってキレてるね!」って、唯一、自分で心から自分を誉めてあげることが出来る時です。こんなに幼稚な事が、現在までの人生の中では最高の
自己肯定感(?)なんだから、困ったもので、皆は、5歳くらいで卒業して、もっと
素晴らしい感動みたいなことを知ってるんだろうな、知ってみたいな、と
卑屈に沈む今日この頃です。
誤字脱字以外も、私はスカートが透けてるとか靴下に穴が開いてるとか、もう、日常的に余りにも「自分は気にならないが、他人から、指摘される」事が多すぎて、日々、気を抜けません。自分が気にならない故に、他人が見た、スカートから透ける私の太ももが、どれくらい不快か、どれくらいだらしないのか、トラウマになるくらいに気持ち悪い恐ろしいものを見た!ってくらいイヤなのかなぁ、と検討がつかないのです。多分、スカートはいたり靴下履くのも、「服着てないと社会的じゃないって思われそうだから仕方なく」してる事だから、イヤイヤ洋服着てるんだから、ちょっとくらい、どうでもいいじゃないの!って泣きそうになってしまうのです。
潔癖症の逆で、雑じゃなきゃイヤ!の状態で、友人と摩擦が起こることが多いから、友人を
失いたくないので、ちょうど良い場所を見つけたいなぁと、つくづく思う今日です。
本物の大雑把でいたい。デリケートな人々にも大雑把に接する事が出来る、大雑把に。

[PR]
by michaelist | 2018-05-07 15:02
秘密の金魚 の 本編を読んでみ... >>