<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ありがとう連呼

★5月31日
青山プラッサ・オンゼ
http://www.praca11.net/
tel 03-3405-8015

開演:8:00〜(2ステージ)
チャージ:1800円

<アス・クリーヴェイス>
東(ヴォーカル&ギター)
中西文彦(ギター)
ビック(パーカッション)


ちょっと前まで、定期的に自閉症関係の情報交換の集まりみたいのがあって、ケースワーカーのWさんっていうおじさんがいろいろ情報を提供する、会合がありました。

アスペルガー障害者本人っていうのは私だけで、他は、自閉障害のお子さんを持つ
お母さん達です。(アスペルガー障害っていうのは広い意味で自閉症の範ちゅうにはいる障害です。)
お母さん達は、皆、成人のアスペルガー障害の私に、興味津々で、「ねえ、5才くらいのとき、こんな事しなかった?」とか「こうこうこういう事するのってどうしてなの?」と色々、聴いてきたり、私も、そのグループにいると、ちょっとしたスター気
分です.

 その日はケースワーカーのWさんが自閉症についての新しく出版された本の紹介をしてました。それで、私は、「面白そう、読んでみようかな」というような事を言ったんです。

どういう訳か、空気が急変したのです、その時。
ママさん達の顔が変わり、「何?」と想ったら、次ぎに皆、口々に、私に向かい、「ねえ、そこまで、言わなくても。」「そんなにひどい本だなんて読む前から決めつける事ないわよ。」みたいな感じで、私を攻める、あるいはなだめる、という感じです。

「あの、そんな、別に此の本の事、何も悪くいってないです」と言おうとしたけど、
何が何だか意味不明過ぎて、言葉がでなくなってしまいました。
 この、ママさん達の事、もう私は大好きです。中でも、いつも私の向かいに座るTさんっていう人は、もう、すごく優しく、きれいで、明るくて、私を気遣ってくれて、(本人が読んだらどうしよう、、、、恥ずかしいです。)そのTさんの不快そうな表情を目の当たりにして、もう、その場で号泣すれすれになりました(本当に)。
無論、みんな、大人だから、帰る頃には、何事もなかったように、すっかり和気あいあいでランチしましたが。

しかし、腑に落ちぬ想いは頭に住み着いてしまいました。

あとで知人にその話をすると、「きっとネガティブな言葉から、始めたんだろ、その本の事話した時」って言われました。

えーと、確か、「淡々と箇条書きになってて、よけいな、ハートフルなところがなくて、私みたいな馬鹿でも読みやすそう」とか言ったかなあ、覚えてないけど。すると「その言い方じゃだめだ」と言われました。「淡々と」、は誉め言葉じゃないし、「ハートフル」、は誉め言葉なのに、それを否定したから。言葉って恐ろしい。本当にそうやって、自分の気持ちと反対に受け取られるのか、と想ってた矢先、さらにびっくりする事があったのです。

ちょっと、時は遡って三年くらい前です。
その頃、地元のボサノヴァの店で知り合ったSさんはすごく素敵な歌手です。ギターも弾きます。声がよいのは勿論、何よりステージでのただずまいが堂々としてて、努力家だし、もうすごく感心する事ばかりです。

その頃、某地方のライブバーで毎月、一人ずつ、ボサノヴァ歌手が出演する、出演者は次回のボサノヴァ歌手を店に紹介する、という企画をやってて、私も出させて頂いたんだけど、お店の人に「東さん、次回、誰か、いませんか」って言われて、真っ先に私の脳裏にうかんだのは、Sさんでした。早速、Sさんに電話して事情を話しましたが、「私なんてプロじゃないから」とか何か、謙遜してて、こっちも結構しつこく誘ったんだけど、結局、彼女は店の人に直接、つつましく、辞退の意を伝えた様でした。

でその後、(活躍のほどは知ってたけど)あう機会のなかったSさんと、こないだ久しぶりに、対バンでした。ますます輝きを増した彼女の歌を聴き、楽しいひとときでした。
そんで、いい加減酔っぱらったSさんが、何と、
「ねえ東さん!今日はすごく楽しかった、でもずっと言いたかった事があるの」と言い、「三年前、私のこと、経験がすくないって言ったでしょう、あの時は悔しかったけど、それなら、経験を積むぞ、と、沢山ライブやって、ブラジル行って、もう経験いっぱい、積んだからね!」とあっけらかんと明るく言うじゃないですか。
しかし、どう考えても、私は、三年前、彼女をべた褒めした記憶しかないです。、

私は多分「経験なんか少なくても全然大丈夫。Sさんのように素晴らしい人なら、お店の人は喜ぶから」と言うこと、言ったつもりでしょう。。そんで、実際はもっと、誤解をあおる、言葉使いだったに違いないです。

 私の、がさつで無神経な話っぷりで、Sさんの繊細な心に傷をつけたんです。

 謙虚なSさんは、「先輩から、何か、厳しい言葉を言われた」と想ったんです。結果的には、けなげにも彼女が、それも肥やしにしてますます向上したっていうのは無論、素晴らしい事ですけど。

でも、私、エゴイストだから、やぱり悲しいです、自分の気持ちと正反対に受け取られるのは。

今はやりの、ありがとう連呼、でもしてみようかな。ネガティブな言葉はどこにも入れてはいけないそうです。「おかげさまで元気になりました。ありがとう」は良いけど「おかげさまで病気が直りました。有り難う。」は×。「病気」という言葉がはいってるから、だそうです。
[PR]
by michaelist | 2006-05-30 11:52

ライブ・スケジュール


昨日は文章だけで、またも、ライブスケジュールを載せる段になって迷子になり、挫折
してしまいました。文章もなにがいいたいのか、わからない!と言われました。

 しかし、あくまでライブのお知らせがメインのブログです。なんか別な場所に掲載する方法があるらしいので、近日中に友人にネット講座を開いてもらいます。

しかし、差し迫った、是非来てもらいたい、ライブ2本は、下に記させていただきます。

☆5月25日(木)
日暮里Bar PORTO
http://www.geocities.jp/barporto/


★5月31日
青山プラッサ・オンゼ
http://www.praca11.net/
tel 03-3405-8015

開演:8:00〜(2ステージ)
チャージ:1800円

<アス・クリーヴェイス>
東(ヴォーカル&ギター)
中西文彦(ギター)
ビック(パーカッション)

《久々のプラッサで燃えております。
B級懐メロMPBでキメます!》

よろしくお願いします。
[PR]
by michaelist | 2006-05-23 00:17

ロック50周年


期待をあおって、すみません、ロックの話題ではないです。私、全然、ロックには無論、詳しくないし、ボサノヴァ歌手だし(ロックとボサノヴァってとっても似てます、というか、私には殆ど同じ種類の感覚を与える、とか、そういう話は今回はやめときます)

とにかく、ロック50周年ということなんで、なんか有名なミュージシャンの人が新聞にかいてるのを見たら、「今の若者はロックを汚らしくて、面倒な音楽と思っている。、反逆の象徴だったロックとともに青春を送った我々が、今、格好悪くて、汚いおじさんになった今、ロックを語ったりするのがいけないのだ。」とかなんとか、そういうことが書いてありました。

謙虚に自分を振り返る姿勢に感銘をうけました。


 気になったのは、若者のロック嫌いの主原因が、
ロック世代のおじさん達の格好悪さと、汚さだっていう事です。
そんな事はないだろう、と信じたいです。
若者がロックを嫌いなのは勿論、全然、構わないけど、
その原因が、ロック好きの人達を嫌いだからっていうのは、納得行かないです。
その本人の感じ方より、周囲のどういう人が、その音楽を好んだり
きらったりするか、がそんなに大事な事、だなんて、恐ろしくて、軽々しく「私、これ、大好き」とかなんとかいう発言もおちおち出来ないです(いや、いけないと知りつつ連発してますけど)。

すべての芸術は、そういう捉え方をされてはいけないと思います。(残念だけど、遠い昔から、絵画の売れ行きとかが、画商の歌い文句とかのみならず、画商の格好良さとかで、すごく左右されていた、そうです)

仮にある会社ある部署の部長さんと、若い部下が、仕事帰りに飲みに行きます。部長さんは得意先の人とか、専務とか乗務には、満面の笑みでぺこぺこしてますが、この若い部下には、何かと無謀な注文をつけたり、ミスを全部、部下のせいにしたり、どなったり、とにかく、若い部下にとって、尊敬出来る人物、とは言いがたい人です。(そういう関係の人とは、一緒に飲みになんて、行きませんよね、あんまし、会社っぽいものの事、しらないんで、仮定がいいかげんな事をお許しください)

飲み屋さんでとりあえず、、部長さんに何とか適当にお酌とかしてたら、有線のBGMに、レッド・ツェッペリンの「ブラック・ドッグ」かなんかが流れ、ほろ酔い気分の部長さんの心は、ノスタルジーの海へ、船出してしまいます。

「ツェッペリンか、いや、懐かしいな。俺、学生のころコピーバンドやってたんだよ。やっぱりすごいな、ここ、ジョン・ボーナムとジョン・ポール・ジョーンズの息のあわせかた、ジミー・ペイジのこのリフはこのへんで最高潮に達し、云々、、いや、今の若い奴等には真似出来ないだろ、打ち込みとか、サンプリング、とかばっかりで」
とかなんとか、偉そうな感じでしゃべってます。


若い部下はだんだん頭痛がしてきて「あとで、行き着けの、大好きなDJのいるクラブにでも行こう、」と思ってます。当然ながら、その後、レッド・ツェッペリン、と聞けば、「部長さんの、底浅いうんちく」、、しか思いだせず、何となく、ああいう、ロックって、すごくイヤだ、と感じるのを禁じえなくなります。

悪いのは部長さんでしょうか。いうまでもないけど、レッド・ツェッペリンには、何の責任も、ないです。で、部長さんも、全然悪くないです。もう、完全に若い部下が、悪いです。
(珍しく、断言口調になってしまいました。)(いや、勿論、彼の感性が、本当に、ロック的なものを受け付けない、なら全然、良いんです。)

捉え方は何でも良いんじゃないでしょうか。芸術の本質とか、そういうのは、。何か、これ聞くと、元気が出てくる、とか、これ見てると涙が出る、これは、生理的に、受け付けない(この言葉には若干、疑問はかんじますが )とか、受け手の反応が芸術家の意図とかけはなれた、感想であっても、そこに、文句は言えないです。世間に向けて何かを顕し
ほうが悪いんです。、、

だけど、受け手が、どんなに浅はかな感性しかなくても、自身からわきでる何か(あるいは、殆ど何も感じない、というのも、もちろん大事な自分自身から、です)をとにかく、大事にしてほしいなあ、と思います。(もちろん、私の知る限り、自分の感覚をちゃんと頼りにしてる若者は沢山いる、と信じてます。)

ロック世代のおじさん方は、自分達がかっこ悪い事なんて、全然、気にしないで、ほしいです。(あくまで蛇足ですが、私の知ってる限り、ロック好きのおじさんで、かっこ悪い人は見たことないです)
それより、本当の、自分の感覚で音楽を聞くって、どういう事か、若者に 、示して欲しいです。
[PR]
by michaelist | 2006-05-21 17:17

平和を求めているのに攻撃的な奴だ、と思われてしまうんです。

先日、電車内でお化粧してる女の子に向かっておもむろに、「こんな所で、おやめなさいよ、」なんてかなり大きい声(上品)で公衆の面前で、注意した女性がいました。あまりに唐突で皆注目してましたが、お化粧の中断を余儀なくされた女の子が膨れッ面でおりた後、、いや、我々がなかなか言えない事をよくぞ言った!とかなんとか、周囲の人の大半は満足してたようです。いや、私は、その注意女性に何か言いたくてたまらなくなったんですが、つまり、その時は何だか面倒くさくて、まあ、自分は第三者だし、と思って何かを呑み込んでしまいました。まず、えーと、電車のなかで化粧するのって誰かに迷惑をかけてるのですか?貴方は何かそれで傷ついたりとかなんか、しましたか?

いや、見ているだけで不愉快で、はた迷惑なのよ、なんて答えが帰ってきそう(私の想像力だと、残念な事にこれくらいしか浮かばないんですが、)だけど、少なくとも私は全然不愉快じゃないです。(家で、何時間もかけて、お化粧してでかけたのに「東、化粧くらいしてきなさいよ!もとが悪いんだから!」と言われてしまう程、国宝級に不器用な私からみて、彼女らの、動いてる場所で、短時間で、美しく変貌する、しかも最初から美しいのに、天才的なテクニックに、羨望を通り越した若干の嫉妬心は否めないですが)然し、見てるだけで不愉快な事物は、世の中にいっぱいあるし、普通、人はそれらをそこそこ我慢します。私なんかはボサノヴァ歌手ですから、特に営業とかで演奏してると、たまたまそこを通っただけの人達が、私の声やらギターやらが、聴きたくもないのに聴くことになってしまいます。お化粧ガールの百倍も、沢山の人を不愉快にさせてます。挙げ句にギャラとかもらう訳で、通りすがりの人にとって、そのはた迷惑ぶりは尋常ならぬものなのではないか、と推測します。(書いてて泣きそうになってきちゃいましたが)然し、そんな事はとりあえずかまっちゃいられまい、どんな不愉快な音楽だろうと死にはしないだろう、と何とか、開き直る努力をしてるんだし、勿論、喜んでくれる人もいるんで(と、思っていいですよね)私には喜んでくれる人の方が大事だし、その点、お化粧ガールもだいたい同じ(勝手に決めつけてごめん!)はずです。
 と、ここまで書くと、私は何か、その注意した女性の事を偏屈な人だ、と非難してるように想われそうです。一番の悩みはそこなんですが、もう、すごく強くいいますが、私は、ただ、知りたいだけなのです。

つまり、車内で化粧とかをしてる人をみて思わず注意したくなるくらいに不愉快になる気持ちってどういうものなのかを。知らないものを知りたい、それで、一歩でもその人に近づきたい、と想ってるんで、しかし、仮に私が上に挙げたような疑問を率直に彼女に問うたら、まず間違いなく「何なの?あんた、頭おかしいんじゃないの。」とか言われちゃう(実際、類似した状況で、そんな事って、何回かありました)のが、関の山です、経験から言って。おずおずと、勇気をだして、「貴方の事、教えてください」と心からの好意で歩みよったところで、相手は、「意図不明の宣戦布告を受けた」と受け取るんです。愛の告白に、恐ろしい敵意のこもった答を返された気分、想像してください。
こちらも、さっきまでの純粋な慕う気持ちはどっか行ってしまい、自ずと「頭おかしいだとー?そりゃそっちでしょ、このクソババア!」(いや、そこまでは言わないです)
こころならずも、逆ギレに至ってしまうんです。平和への道は遠いです。
しょっぱなから、昔の中学生の悩み相談みたいな悪文ですみません。

あ、ライブ・スケジュール、忘れるところでした。危なかったです。
5月13日  大磯、ストレンジフルーツ(042ー61ー7338)
      with 尾花毅(ギター)
5月25日  日暮里 バーポルトゥ
        with ないち(パーカス)
5月31日  青山 プラッサ・オンゼ
       アス・クリーヴェイズ
      (私、中西文彦(ギター)、ビック(パーカス))
ああ、すいません。もっと詳細を載せたいのですがPCに不慣れなんでこれ書きながらどうやって、店のアドレスとか、電話を見ればいいのかわからないのに気づきました。
次回の日記にも、しつこく、 もっとちゃんとしたスケジュール載せます。みなさん、御免なさい。そして、よろしく。
[PR]
by michaelist | 2006-05-13 01:10

ご挨拶


IT界のみなさん、はじめまして。
ボサノヴァ弾き語りとか、7弦ギターとか弾いている
東です。

世間の波に乗らなければならないと思い、
ブログたち上げを決意いたしました。

ライブ・スケジュールとか、新譜情報(いつ出るんだ!)
などを交えつつ、日記を書いていきたいと思います。

悪文ではありますが、沢山の方々に
読んでいただきたいです。


ひがし
[PR]
by michaelist | 2006-05-11 16:36